ニュース

【大丈夫?】初心者でもハッキングできるルーター攻撃が多発!すぐに更新しましょう。

インターネットに複数端末を繋げられる家庭用ルーターを悪用する新たなサーバー攻撃があり

ネットが利用できなくなる通信障害が今春以降多発していることがわかりました。

 

 

以下読売新聞より引用

dd8cf749-s[1]

少なくとも480万世帯が通信障害の影響を受けており、総務省は悪用されるルーターの利用者に対し、ソフトを更新するよう呼び掛けている。
この攻撃は「DNSアンプ攻撃」と呼ばれ、大量にデータを送りつけてサーバーを使えなくするDDoSディードス攻撃の一種。
一部の家庭用ルーターが、本来受け付けない外部からの通信に応答してしまう弱点を悪用し、攻撃者がそのルーター経由でプロバイダーのサーバーにデータを送ると、データが数十倍に増幅される。
これを繰り返してサーバーに過大な負荷を与え、ネット利用を一定期間できなくさせる。高度な技術を必要としないため、初心者ハッカーの腕試しではないかとみられている。
今年5月末以降、この攻撃による通信障害を明らかにしたプロバイダーは、ジュピターテレコム(JCOM、東京都千代田区、利用者282万世帯)、ケイ・オプティコム(大阪市、150万世帯)、アルテリア・ネットワークス(東京都港区、56万世帯)、DTI(渋谷区、非公表)などがある。このほか昨年8月には、NTTコミュニケーションズ(千代田区)が運営する最大手の「OCN」(815万世帯)でも、約40分間にわたってネット利用ができなくなった。
ルーター大手のバッファロー(名古屋市)が昨年に出荷した一部製品にも弱点があり、同社がソフト更新を呼び掛けている。

 

最新のルータを使おう

無線LAN、古いのを使っていませんか?

最新の無線ルーターを使えば今よりも早く、安全に通信できます。

例えば最新のBUFFALO製品ではiPhoneの位置を検出して

自動でアンテナを向けることでより安定して通信できるようになりました。

BUFFALO 11ac(Draft) 1300プラス450Mbps 無線LAN親機 WZR-1750DHP2
BUFFALO 11ac(Draft) 1300プラス450Mbps 無線LAN親機 WZR-1750DHP2

Amazonで詳しく見る by AZlink

 

----------------

 

ファームウェアアップデートはかならず行いましょう!

結構危険なセキュリティホールができてることがあります。

-ニュース
-, , , , ,

Copyright© iPhoneteq , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.