ニュース

米中間選挙ではスマホアプリでの選挙が可能に!

更新日:

 

米評議会中間選挙では、米国で初めてスマートフォンから投票が可能となる見通しです。

 

まずは海外駐屯中の軍関係者とウェストバージニア州

米国では4年に一度大統領の間に中間選挙が行われています。 今年は中間選挙が行われています。 11月に行われていますが、今回は初めてスマートフォンでの投票が実現したようです。

ただし試験的な実施なのか、ウェストバージニア州に住所を持っている方か海外に駐屯している軍関係者に限ります。

 

限定された理由

スマートフォンアプリでの投票が全国の一部選挙関係者やセキュリティ専門家は2016年の大統領選挙で問題となったロシアによるFacebookなどのソーシャルネットワークサービスを使って情報操作し、投票を誘導した問題があったため背kyルティリスクが高いと警告されています。

 

投票方法について

ウェストバージニア州政府の投票アプリは安全性を主張しています。 アプリは政府発行の身分証明書の写真を撮影、自分の顔を動画として撮影してアップロードすることで認証することが出来るとのこと。 このアプリを使って撮影した写真と動画の両方がアプリによって確認されると、アプリでの投票が可能となります。

投票は暗号化され、ブロックチェーンとして記録されます。

 

ソース:

https://money.cnn.com/2018/08/06/technology/mobile-voting-west-virginia-voatz/
https://money.cnn.com/2018/08/06/technology/mobile-voting-west-virginia-voatz/

続きを見る

 

--

-ニュース

Copyright© iPhoneteq , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.