ニュース

アップル、2019年にはリアカメラにも3Dセンサー?ToF方式を採用。

更新日:

800x-1[1]

アップルは2019年のiPhoneに3Dセンサーをリアカメラにも配置するのではないかという情報が入ってきました。

 

Time of Flight方式で精度アップ

アップルが発売したiPhone Xにはドットプロジェクタ、赤外線カメラ、投光イルミネータからなるTrueDepthカメラを搭載していました。 これはいわゆるXbox 360 Kinectカメラを小型にした物です。

次に採用されるとされるTime of Flight方式は光源からレーザーが周囲にはねかえる時間を計算する方法でこれも同じくXbox One Kinectセンサーに搭載されていた物と同じ物になります。

アップルはこのセンサーをソニー、パナソニック、Infineon Technologies、STMicroelectronicsと協議を進めているという噂となっています。

 

ARのための3Dセンサー

iPhoneのリアカメラに3Dセンサーが搭載されればARはよりリアルになり、カメラも大幅にパワーアップする物と思われます。

現在のiPhoneのカメラではARkitによるARを実現していますが、壁などの縦の物体の認識は苦手なため3Dセンサーの配置で精度向上が期待されます。

 

ソース:

https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-11-14/apple-is-said-to-target-rear-facing-3-d-sensor-for-2019-iphone

 

Xbox One Kinect センサー
Xbox One Kinect センサー

posted with amazlet at 17.11.15
日本マイクロソフト (2016-07-14)
売り上げランキング: 397

--

-ニュース

Copyright© iPhoneteq , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.