ニュース

Google、EUで独占禁止法違反に。 30億ユーローの制裁を予定。

 

検索やスマートフォンOSAndroidを手がける

Googleが独占禁止法に違反しているとして

EUから30億€(3700億円)の巨額の制裁を課される予定です。

 

 

google-brain-data2-ss-1920-800x450[1]

 

3700億円の巨額の制裁

イギリスのメディアThe Sunday Telegraphによると

EUの欧州委員会は

Googleが自社プラットフォームの検索エンジンで

ライバルを排除するように自社の買い物サービスで

優先的にユーザーを利用させるようにしたことが

独占禁止法違反に接触するとしているようです。

 

Googleショッピングについて

GoogleショッピングはGoogleに広告を出している企業のみ

商品が掲載されるのでGoogleにお金は支払っている企業が

優先的に表示されるようになります。

 

検索エンジンも巨大すぎるとして問題に

自社のサービスなのでどうしようと本来問題ないのですが、

検索としてほぼ独占的なシェアを持っているだけに

今後も独占禁止法に引っかかる可能性があります。

 

過去にはWindowsも度々接触

スマートフォンが流行るまではEUの独占禁止法で

度々話題に上がっていたのは「Windows」でした。

 

Windowsにブラウザ”Internet explorer"を標準でつけると

他のブラウザに乗り換えない、独占的なシェアだ!として

EUではブラウザが搭載されていなかった時期もありますし、

音楽プレイヤーなども問題になっていました。

 

MSはその対策としてアップルやMacをサポートし、

Macのシェア回復を手伝うことで

独占禁止法に引っかかりにくくしたという過去もあります。

 

http://www.reuters.com/article/us-google-eu-idUSKCN0Y60J4

 

Googleサービスがぜんぶわかる本 最新版 (洋泉社MOOK)
洋泉社 (2016-05-12)
売り上げランキング: 29,532

 

--

-ニュース
-, , , , , , , , ,

© 2021 iPhoneteq Powered by AFFINGER5