ニュース

話題のパナマ文章、発覚した日本企業&日本人&有名海外企業とは?

更新日:

今話題のパナマ文章、タックスヘイブン問題ですが

今回は日本人や日本企業、有名海外企業などを含めて

ピックアップしてみました!

 

 

7651081700_38a64532bf_o[1]

 

パナマ文章とは?

パナマにある法律事務所、モサックファンセカが作成した

機密文章のことで、脱税などに使われるタックスヘイブン(租税回避地)や

使っていた企業や人のリストが公開された。

 

何が問題なの?

この税金を回避する方法は”法的には問題”ありません。

 

しかし国を担う政治家、大企業、有名人などが

税金を回避していたことが発覚し世界中で問題になっています。

 

なぜ日本では日本人は報道されないの?

日本ではテレビ、新聞などのスポンサー、関連企業に

”リストに載っている人物や企業”があるため

積極的に報道することは内容です。

 

日本の政治家がリストにいない理由

日本は特に政治家は国税庁の追求が厳しいことや

日本の銀行が非常に政府に協力的なため

複数の銀行に資金分散させても

名寄せされてしまい殆ど意味がないため。

 

日本では政治団体に寄付する形なら非課税のため、

政治家はタックスヘイブンを使う必要がない。

 

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6099

 

日本企業リスト

◇日本企業リスト

大日本印刷
大和証券
ドリームインキュベータ
ドワンゴ
ファストリテーリング
ジャフコ
JAL
石油資源開発
丸紅
三菱商事
電通
商船三井
日本製紙
オリックス
大宗建設
ジー・モード
千代田リース
山一ファイナンス

”にゅうたいぷ”より引用

◇日本人リスト

アグネス・チャン
飯田亮(セコム取締役)
戸田寿一(セコム元取締役)
内藤一彦(東宣取締役会長)
内藤俊彦(東宣取締役社長)

“東京新聞”・”にゅうたいぷ”より引用

 

他にもNHKやトヨタなどの関連企業も

リストで見かけられたとのこと。

 

世界の有名企業の税逃れ!

大手企業ではやっていないところはおとん度内ほど

「タックスヘイブン」は当たり前となっています。

 

アップルやGoogle、Amazon、マイクロソフトなどの

世界的に展開しているIT企業は前々から

このタックスヘイブンが問題になっていましたね。

 

他の企業だとスターバックス、バンクオブアメリカ、

ソフトバンクの関連会社、楽天、電通なども

リストに載っているようです。

 

 

http://tocana.jp/2016/04/post_9421_entry.html

 

パナマ文書 : 「タックスヘイブン狩り」の衝撃が世界と日本を襲う
渡邉哲也
徳間書店
売り上げランキング: 223

 

--

-ニュース
-, , , , , , , ,

Copyright© iPhoneteq , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.