Mac

バタフライキーボード、故障多過ぎで集団訴訟に。

Appleは最新の16インチMacBook Proでバタフライキーボードをついに廃止しましたが、それ以前のものではバタフライキーボードという独自設計のキーボードを使っていました。 このキーボードの最大の問題は故障率の高さで、アップルは”発売日から”修理プログラムを用意するなど、故障することが前提で販売されていた状態となっていました。

そんなこともあり、消費者による集団訴訟が海外で行われ裁判所で審理入りとなったようです。

 

どうなるバタフライキーボード

バタフライキーボードはMacBookシリーズの多くの機種で採用されていた特別な設計です。 しかしゴミが少しでも入ると一般ユーザーでは取り除く方法がないという問題があり、少しつかうだけで故障する可能性があったのも事実です。 アップルは最新機種ではシザースイッチ型キーボードを採用しています。

 

バタフライキーボードの利点

アップルは以下のように説明しています。

最新世代のMacBook Airのキーボードには、Appleのバタフライ構造を採用しました。従来のシザー構造よりもキーの安定性が4倍向上し、一段と快適な使い心地と一段と優れた反応が得られます。さらに、環境光センサーを組み込んだ独立型のLEDバックライトキーが、十分な明るさがない環境でもタイピングをできるようにします。

 

--

-Mac
-, , , ,

© 2020 iPhoneteq Powered by AFFINGER5