よくある質問

iPhone SE、あと何年使える?【よくある質問】

iPhone SEといえば、いまだに小さなiPhoneを好む人たちに愛されるロングセラースマートフォンですよね。 しかし2018年秋のiPhone XR発表とともに、iPhone SEはアップル公式サイトからページが削除され販売も終了となりました。

最新機種の仕様は好みじゃない人も…

アップルが現在展開している機種はiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRです。 3機種ともiPhone Xと同様すべてベゼルレス仕様、ホームボタンと指紋認証が廃止され顔認証のみとなりました。

性能が高いのでほとんどの人はこれでいいと思うかもしれませんが、高すぎる価格設定、指紋認証がない、でかすぎる画面などiPhone SEを好んだ人にとっては相いれない仕様であるのも事実です。

 

iPhone SEはもう公式サイトでは買えない

iPhone SEは2018年秋の新iPhone発表以後、公式サイトおよびほとんどのキャリアショップで販売終了となりました。 LINEモバイルなどの格安スマートフォン・格安SIMのキャリアでもすでに入手困難であることを理由に販売終了となっているので、中古またはネットショップで入手するしかほとんど手に入れることは難しいかもしれません。

 

【本題】iPhone SEはいつまでもつ?

「アンテナラインが消え美しいデザインへと進化したスマートフォン(比較)」

それでは本題です。 iPhone SEはいつまで使えるのでしょうか。

一般的に使えるというのは「最新のiOSがインストールできるかどうか」です。

iOS11以下しか入れられないデバイスで使い続けている人もいるかもしれませんがセキュリティなどに問題があることも多いのでやはり最新のiOSをインストールできる端末が推奨されます。

 

iOS12対応機種を見る

iOS12対応機種は以下の通りです。

iPhone
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone SE
iPhone 5s
12.9インチiPad Pro(第3世代)
12.9インチiPad Pro(第2世代)
12.9インチiPad Pro(第1世代)
11インチiPad Pro
10.5インチiPad Pro
9.7インチiPad Pro
iPad(第6世代)
iPad(第5世代)
iPad Air(第3世代)
iPad Air 2
iPad Air
iPad mini(第5世代)
iPad mini 4
iPad mini 3
iPad mini 2
iPod touch(第6世代)

 

iOS12対応状況からわかること

iOS12の対応状況を見てわかる通り、iPhone SEより古い機種も対応しています。

iPhone 5sはA7プロセッサでそろそろ対応がなくなりそうだといわれているので、来年はiPhone 5sが非対応、再来年あたりにiPhone 6が非対応になるのではないかと予想できます。

つまり2021年くらいまではぎりぎり使えるかもしれません。

iPhone 5S A7プロセッサ
iPhone 6 A8プロセッサ
iPhone 6s A9プロセッサ
iPhone SE A9プロセッサ

 

とはいえさすがに古すぎるので新機種購入はほかの機種にした方がいい

iPhone SEは2016年3月に発売されたスマートフォンであり、一般的なスマートフォンからいえばかなりの旧機種です。 型落ちっていうレベルではありません。

よほどiPhoneへのこだわりやiPhone SEへの執着がない限りは同価格帯で購入できる格安スマートフォンの方が圧倒的に快適に使える可能性が高いです。

少し調べたところ、今のiPhone SEの価格は大体4万円から5万円程度です。 これであれば、AndroidであればファーウェイP20 Liteなどなら2万円台で売ってますし、こちらの方が圧倒的にコスパがいい可能性があります。(カメラもきれいです)

 

 

--

-よくある質問

© 2021 iPhoneteq Powered by AFFINGER5