よくある質問

SafariのURLバーに『安全ではありません』と表示されるのってどういうこと【知らなきゃ損する! iPhoneのよくある質問】

投稿日:

「iPad Pro のカメラ(12メガピクセルカメラ)」

最近のバージョンのiPhoneではSafariのアドレスバーにたまに「安全ではありません」という表示が表示されるようになりました。 この安全ではありませんの意味が気になるiPhoneユーザーさんも多いとのことです。

安全ではありませんっていったいどういう意味なの? というよくある質問を今回はこたえたいと思います。

 

安全ではありませんはなぜ表示されるようになったの?

安全ではありませんというメッセージがSafariに表示されるようになったのはiOS12.2で追加されました。 これはiOS12.2の機能で、最新ソフトウェアを導入すると必ず表示されるようになります。

つまり今まで表示されてなかったサイトが突然表示されたというのは当然のことで、昔から”安全ではなかった”ということになります。

 

「安全ではありません」が表示される理由

安全ではありませんが表示される理由は「http://」で始まるURLのサイトで表示されるようになっています。 つまり「https://」で始まるURLではこのメッセージが表示されないというわけですね。

http://は従来のWebサイトのURLで、ウェブサイトと暗号化通信されていません。 つまり外部から通信内容が盗み見られたりする可能性があり、パスワードなどを入力するのに適したWebサイトではないという警告だということになります。

一方でhttps://は暗号化されたURLなのでWebサイトの通信が暗号化され、より安心してインターネットを楽しむことができます。

 

iPhoneteqはどうなの?

当サイトiPhoneteqの場合はhttp://とhttps://の両方のアドレスを用意していますので、万が一「安全ではありません」と表示されて気になっている方がいたら、sを付け加えてhttps://でブックマークしてみてください。 暗号化されたページで表示することができます。

 

Apple iPad Air (10.5インチ, Wi-Fi, 256GB) - ゴールド (最新モデル)
  • Apple(アップル)
  • 価格   ¥ 73,627 ¥ 77,544 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

--

-よくある質問

Copyright© iPhoneteq , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.