よくある質問

iPhoneのバッテリーを長く持たせるには?

更新日:

image

長く使っているとバッテリー持ちが悪く感じることもあるはず。

iPhoneのバッテリーをもたせるテクニックをまとめてみました。

iPhoneではリチウムイオン電池が採用されています。

これは400回充電を繰り返すと性能が80%程度まで落ちてしまうそうです。

なので極力充電しないほうがいいみたいですね。

普段から心がけること

①充電する前にiPhoneを使うのはやめよう。

iPhoneが暑くなる状態(動画を見る/ゲームをする/インターネットなど)になっていると、バッテリーの劣化が早くなります。

こういった場合は冷めてからやることをおすすめします。

②使わないときは液晶を切ろう。

オートロックの設定は1分に、使い終わったらスリープボタンを押して画面を切る。明るさは低めに、など基本的に液晶を使うのを避けましょう。

③温度にも気をつける。

iPhoneは人間が過ごしやすい温度で使うように最適化されてます。

車の中など温度が上がりやすいところや、寒い場所などでの使用や保管は避けた方がよさそうです。

④アプリを使うのを避ける。

本末転倒な気がしますが、外出先での使い方を見直しましょう。

3Dゲームなどは非常にバッテリーをよく使いますし、

動画閲覧もすごく使います、またインターネットも結構使うようですよ。

⑤バッテリーケースを使う

↑のようなデザイン性にすぐれたケースもありますし、

バッテリーケースを使うのもありです。

最大で2倍以上長持ちになるようなので、

外でもiPhoneをフルに使いたい人におすすめです。

設定を見直そう

①使わないときはWi-FiをOFFに。

自動でWi-Fiを探すので電池を食います。

②ipodイコライザをOFFに。

補正機能が働くので電力をよく食うようになります。

③GPS機能を避ける。

GPSは結構電力をつかいます。

④バイブを切る

これだけでも電力が減ります。

⑤BluetoothをOFFに。

こちらも効果ありです。

⑥明るさを暗くする。

⑦画面ロックは短めに

⑧メールの設定はプッシュではなく手動に。

 

などなどです。

みなさんもバッテリーには気をつけてください。

-よくある質問
-,

Copyright© iPhoneteq , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.