ニュース

スマホ世代はコミュニケーション不足? 米ティーンエイジャー、自殺が増加傾向。

投稿日:2017/08/15 更新日:

iphone7-gallery3-201703[1]

スマートフォンやSNSの登場により人間の関わり方は大きく変わりました。

その影響で友人との交友頻度や恋人とのデートといった経験が低下し、鬱症状や自殺が増えているという研究結果が公表されました。

 

ティーン5000人に調査

米サンディエゴ州大学心理学部のジーントゥエイン教授の研究で、5000人のティーンエイジャーを対象とした研究結果をThe Atlanticで公開しています。

調査対象の75%がiPhoneを使用していました。

 

孤独を感じるティーンが増加

iGen-2[1]iGen-3[1]

調査によると現代のティーンエイジャーは友人と遊ぶ頻度やデート、性交渉が低下し孤独を感じさらに睡眠時間も低下していることが分かりました。

iPhone登場以前から低下しているのは米国ではWindows MobileやBlackBerryといったスマートフォンが既に登場していたことや携帯電話の利用などが考えられますが、SNSの普及と共に大幅に低下している近代のデータは見逃せないところではあります。

 

ソース:

https://www.theatlantic.com/magazine/archive/2017/09/has-the-smartphone-destroyed-a-generation/534198/?utm_source=twb

 

--

moppy

モッピー!お金がたまるポイントサイト

-ニュース
-, , , , , , ,

Top

Copyright© iPhoneteq , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.