周辺機器 周辺機器レビュー

1万3000円の激安ロボット掃除機「seebest E620」の実力とは? レビューしてみた。

投稿日:2017/05/15 更新日:

ルンバを初めとするロボット掃除機、すっかり普及してきましたよね。

私の家にも古いルンバが1台あるのですが2台目のロボット掃除機として激安なロボット掃除機、Seebest E620がやってきましたよ。

iPhoneは特に関係ないのですがこちらでご紹介させて頂きます。

 

※今回のレビューはGEARBEST様より製品をご提供頂きました。 関係者の皆様、この場を借りてお礼申し上げます。

→GEARBESTでseebest e620 ultrathin smart Robotic Vacuum Cleanerを見てみる

 

WP_20170510_17_50_49_Raw_LI

 

メーカーの説明

掃除はどのくらいの頻度であなたは行っていますか? でも実際には掃除が不十分かも知れません。 そんなあなたには毎日の掃除を手助けしてくれる強い味方、Seebest E620インテリジェントロボット掃除機があります。 このロボットにはインテリジェントアンチコリジョンシステムセンサーが搭載されており、衝突を防ぎ家具を損傷から守ります。 800Paスーパーサクションはエネルギーと時間を節約します。 ノイズは45dB以下で静かに掃除できます。 4.5cmのスリムデザインなので家具の下にも入り込めますし、長い再度ブラシが埃を書き出してくれます。大理石、フローリング、タイルなどの表面を簡単に綺麗にしてくれます。 使うのは簡単、ボタンを押すだけです。 アンチドロップシステムにより段差から落下せず位置を検出して方向を変えてくれます。 2200mAhバッテリーで最大120分間動作。 タイルやフローリングなど堅い表面での掃除に適しています。

 

ダストボックス

WP_20170510_17_39_27_Raw_LI

ダストボックスは上のカバーをスライド指せて外すと簡単に取り出すことが出来ました。

後はゴミ箱に中身を捨てるだけ!というかんたん仕様。 取っ手もついてますし容量もそこそこですね。

 

裏面

WP_20170510_17_33_58_Raw_LI

裏面はこんな感じ。 上二カ所の丸いところにかき出しブラシを取り付けます。

掃除機能としてはかき出しブラシ+吸い込み部分というシンプル仕様。

スリムさが売りのためか、タイヤは背が低く段差は乗りこえづらそうです。

 

WP_20170510_17_34_05_Raw_LI

掃除機っぽい吸い出し部分。

ルンバはここもブラシがついているのですが、ブラシに髪の毛などが絡まりやすいので案外吸い込みだけのシンプルな構成の方が掃除しやすくて良いかも?

 

付属品

WP_20170510_17_33_29_Raw

・説明書(英語)

・ヨーロッパ仕様のACアダプタ

・かき出しブラシx4

 

ブラシは2つ使うのですが予備で2つついてるというのはいいのではないでしょうか。

 

総評

WP_20170510_17_41_25_Raw_LI

通常のルンバよりも薄く、かなり軽量です。 裏面を見てもかき出しブラシと吸い込み部だけの簡単な作りなのでルンバよりも手入れはかなりラクです。 段差は1cm程度なら乗り越えれるようですが、それ以上は厳しいらしく凹凸があるカーペックの上などではタイヤが浮いてしまい動けなくなってしまうことも… ルンバではある程度は行けたのですが価格も全然違いますし、フローリングなどの堅い床に割り切っているのでしょう。万が一動けなくなったときは数秒毎にビープ音を鳴らして居場所を知らせてくれます、ちょっと可愛い仕様ですねw

 

使い方は電源を入れてスタート/停止ボタンを押すだけのとても簡単な仕様で始めるとすぐに動作し始めます。 掃除中の動きはルンバそっくりでまわりをランダムに動き回りながら壁に沿って掃除してくれるような感じです。

 

ロボット掃除機ってどんなものか試してみたい、フローリング住まいの方はおすすめですよ!

 

「seebest E620掃除機」クーポンコード: 「SETGB」クーポン後価格: 118.99ドル

→GEARBESTでseebest e620 ultrathin smart Robotic Vacuum Cleanerを見てみる

 

--

moppy

モッピー!お金がたまるポイントサイト

-周辺機器, 周辺機器レビュー
-, , , , , , , ,

Top

Copyright© iPhoneteq , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.