ニュース

教育現場でついにAppleがシェアを奪われる! GoogleやMSがリード。

投稿日:2017/03/12 更新日:

アップルと言えば学生向けにMacを割引するなど教育現場では常に有利な立場でしたが、安価なAndroidの対等により米国の学校ではGoogleにシェアが奪われてしまったようです。

 

Toshiba-Chromebook-13-inch1[1]

 

ChromeBookが大ヒット

現在アメリカの保育園=高校3年生までのアメリカの学校で使われるコンピューターのシェアはChrome OSが58パーセント、MacOSが5パーセント、iOSが14%となっています。AppleのシェアはiOSとMacで合計19%ですがマイクロソフトのWindowsの22パーセントにも負けている結果になります。

 

2017-03-K-12-Qtr4-Education-Press-Chart-e1488548363830[1]

 

安価で十分なChrome Book

アメリカの学校で出荷されているモバイルデバイスの半分以上がChrome Bookとなっています。 ChromebookはなんといってもWebアプリなのでアプリ開発やツール管理が簡単であること、そして端末が非常に安価であることが人気の理由のようです。

 

学生はSurfaceのデザインとXboxに惹かれる

マイクロソフトは学生向けのSurfaceキャンペーンを頻繁に行っており、学生ならSurface購入でXboxOneとゲームが付属するキャンペーンなどを行っているため、パソコンが必要な学生はSurfaceを選ぶ場合が多いようですね。

 

--

-ニュース
-, , , , , ,

Top

Copyright© iPhoneteq , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.