有料アプリ:カメラ/写真 特集

プロが教えるiPhoneで映画を撮影するための8つのステップ【特集】

更新日:

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

映像制作に関わるParker Walbeck氏のYoutubeチャンネルでiPhoneを使ったビデオ撮影術が公開されていたのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

youtu.be-fA7HlKCsFk8 (10)

用意する物

・できるだけ大容量で最新のiPhone(執筆時ならiPhone7 Plus)

・アプリ FiLMiC Pro

 

【ステップ1】アプリはかならず用意して!

youtu.be-fA7HlKCsFk8

動画撮影なんて無料アプリでもいいものはいくらでもあるのになんで有料のアプリなの!?と思われるかも知れませんが、お金を取るのには理由があります。

FiLMiC Proは多くのプロに愛される”Pro仕様”の動画撮影アプリです。 使う機材はiPhoneだから同じような物と思われるかも知れませんが、かなり細かく設定できたり、通常のカメラよりも綺麗に取るための機能がたくさん入ってます。

マニュアルでピントを合わせたりする機能は映画的に撮影するために必須の機能です。

なので本格的な動画撮影をiPhoneでしたいなら買っておきましょう。

 

 

【ステップ2】ビットレートを変更する

youtu.be-fA7HlKCsFk8 (1)

ビットレートとは映像の情報量のこと。 多くなれば容量が大きくなってしまいますが、その分綺麗になります。

容量が大きくなるので普段の撮影ではけちりたくなりますが映画クオリティを目指すならあげるに越したことはありません。

iPhoneの純正のカメラアプリでは変更できませんが、FiLMiCを使えば変更できるので最大ビットレートに設定しておきましょう。

解像度も4Kで撮影することをおすすめします。 もし1080pの映像を作ろうと思っていても、クロップなどの処理をしたときに粗が目立たないからです。

 

【ステップ3】フレームレートを変更する

youtu.be-fA7HlKCsFk8 (2)

フレームレートとは1秒間に何枚のコマが表示されるかというもの。

ゲームをやる人などは60fps、PCゲーマーなら120fpsにこだわったりしますが映画風映像を撮りたいなら24fpsに設定してください。

これは実際の映画が24fpsなので、fpsを24に設定するだけでちょっと映画っぽくなります。

 

映像はコマ数が多いほどいいと思われるかも知れませんがその昔ホビットか何かの映画で60fpsで撮影したバージョンも制作されましたが最新の映像技術で作られたのにもかかわらず60fpsにしたがために映像がゲームっぽいと酷評されました。 そのため技術が進んだ現代でも殆どの映画が24fpsで作られています。

 

【ステップ4】オーディオフォーマットを変える

youtu.be-fA7HlKCsFk8 (3)

オーディオも撮影には大事な鍵となります。

オーディオはAAC/44.1kHzにしておきましょう。 場合によって外部マイクをつかうのも手ですがiPhoneのマイクでもとりあえずはOKです。

 

【ステップ5】マニュアル撮影を使いこなす

youtu.be-fA7HlKCsFk8 (4)

ピントを手動であわせる、露出やホワイトバランスを手動で調整することでより凝った映像が撮れるようになります。

よく映画で物体にはじめはピントがあっているのにその後後ろの他のキャラクターにピントがいくなどの演出ができればかっこいいですよね。

通常のカメラアプリではできませんがこれもアプリを入れると出来るようになります。

 

【ステップ6】スタビライザーを使う

youtu.be-fA7HlKCsFk8 (6)

スタビライザーとは手ぶれを押さえるための装置です。

三脚で固定するなどして撮影すれば手ぶれは押さえられるのですが動きの少ないつまらないシーンになってしまいがちです。

やはりバリバリカメラを動かしたいのであればスタビライザーを活用しましょう、これを使って取るだけでもかなりプロっぽくなります。

紹介している方はDJIのOSMO Mobileをおすすめしていました。 日本でもAmazonなどで購入できます。

 

ちなみにアプリの方にもスタビライザー機能はついてますが、やはり専用のツールにはかないません。 本格的に取るなら入手しときましょう。

 

 

【ステップ7】複数のレンズを使う

youtu.be-fA7HlKCsFk8 (7)

レンズを変えればシーンに合わせて様々な凝った撮影が出来ます。

人物を取るとき、景色を撮るときなど対象に合わせて最適なレンズを使えば一気に映像の表現に幅が出来ます。

【ステップ8】ポストプロダクション

 

youtu.be-fA7HlKCsFk8 (9)

 

最後の編集でコントラスト、レシオを変更して映画っぽくしましょう。

 

 

カメラの基本的な知識が学びたいなら・・・

 

アングルやレンズ、露光やISOって何?どうすればいいの?という人は本で学ぶのもいいのですがiPhoneには面白いアプリがあります。

「The Great Photo App」ならレンズの仕組みや使い方など基本的な知識をすべて学べます。

日本語に対応してますし、丁寧でなによりも「練習問題」もあるのが面白いですよー!

 

 

 

 

ソース:

https://www.youtube.com/watch?v=fA7HlKCsFk8

 

 

Panasonic HDビデオカメラ V480MS 32GB 高倍率90倍ズーム ホワイト HC-V480MS-W
パナソニック (2016-09-16)
売り上げランキング: 3,147

--

スポンサーリンク
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

-有料アプリ:カメラ/写真, 特集
-, , , , ,

Top

Copyright© iPhoneteq , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.