よくある質問

【よくある質問】iPhoneって完全放電したほうがいいの? 継ぎ足し充電は本体に悪い?

投稿日:

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

バッテリーといえばiPhoneユーザーだけではなくすべてのスマートフォンユーザーに関係する問題です。 しかし世の中には間違った神話が知識としてよく聞きます。 今回はiPhoneの充電に関する知識の問題をご紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

 

iphone-battery[1]

 

完全放電した方が良いといわれた理由

30cc0043accebfe50c5c4220e990dd7e-e1444457811737[1]

 

一昔前のバッテリーであれば、充電すると充電の最大容量の認識がズレるため、一回使い切ってから充電したほうがいいというのは事実でした。 しかし最近のスマホで使われているリチウムイオン電池ではこの限りではありません。

アップルの公式サイトでも充電した状況を記憶しており、必ずしも一回の充電ごとにフル充電する必要はないと書いてあります。

 

むしろこまめに充電した方が良い、繋ぎっぱなしも問題なし

78d1d416f42e25205a8dea6f8f4db0dd-e1444457820179[1]

今日のバッテリー事情ではむしろ今まで悪いと言われていたことが正解だったりします。

 

スマートフォンの充電の仕組みはとってもスマートです。

0-80%までは高速充電を行い、短期間で充電を行います。

80%から100パーセントまではゆっくりと充電を行い、バッテリーの耐用年数を延ばします。

 

高速充電はすぐに充電できる反面発熱してしまうことがあるためバッテリーにとってあまりよくありません。 むしろ早めに充電した方が効率が良いことが分かります。

さらに100パーセントであっても、消費した分だけトリクル充電するので過充電になることはありません。

 

アプリは無理に閉じる必要なし

topic_multitasking_ios[1]

「アプリはこまめに閉じた方が良いよ」という話は1度は聞いたことがあるかもしれませんがアップルはこれを推奨してはいません。

たしかにバックグラウンドで動いているアプリは少ない方がバッテリーの負担が少ないです。

しかしこれはそのアプリをしばらく使わなかった場合に限ります。

 

アプリを一度メモリから解放するよりも、そのまま何もせずに放置し、またアプリを起動したときにメモリから起動した方がバッテリーに負担がかかりません。

 

iPhoneでは自動的に不要だと判断されたアプリがメモリから解放されますのでユーザー側がアプリを終了するのはアプリの調子が悪いときや不要だと判断したときだけでよさそうです。

 

 

ソース:

http://www.apple.com/jp/batteries/why-lithium-ion/

 

--

スポンサーリンク
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

-よくある質問
-, , , , , ,

Top

Copyright© iPhoneteq , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.